« 津田 雅美: ちょっと江戸まで 5 | Main | 小川一水: 青い星まで飛んでいけ »

May 14, 2011

内藤 泰弘: 血界戦線 3 ―震撃の血槌―

かつてニューヨークと呼ばれ、現世と異界の入り交じる街、ヘルサレムズ・ロットを舞台に、超人秘密結社「ライブラ」の活躍を描いた作品。

この巻ではメンバーのスリルと危険に満ちた日常生活の様子が描かれたインターミッションっぽい話と自動車を食い取り込みながら巨大化していく超常人との戦いを描く。

いずれもテンポよく面白く読ませる。

あとがきでは東日本大震災後の東京というか作者の周りの様子が描かれている。
こういう形でマンガ家がこの震災について描いたのはこれが最初くらいだろうか。

内藤 泰弘: 血界戦線 3 ―震撃の血槌― (ジャンプコミックス)

内藤 泰弘: 血界戦線 3 ―震撃の血槌― (ジャンプコミックス)

|

« 津田 雅美: ちょっと江戸まで 5 | Main | 小川一水: 青い星まで飛んでいけ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/51597929

Listed below are links to weblogs that reference 内藤 泰弘: 血界戦線 3 ―震撃の血槌―:

« 津田 雅美: ちょっと江戸まで 5 | Main | 小川一水: 青い星まで飛んでいけ »