« ゆうき まさみ: 鉄腕バーディーEVOLUTION 7 | Main | 今 敏: 新装版 海帰線 »

May 08, 2011

ツジトモ: GIANT KILLING(19)

国内プロサッカーリーグの元スター選手が監督となって弱小クラブに戻ってくる話。

前半は前巻に引き続き神戸戦。
先制され、さらにGK緑川の負傷で自分を責める椿だったが、ひとつのプレーで覚醒する。

後半は山形戦。
オールスターで顔見知りとなった巽と山形の監督・佐倉は、いずれも相手を徹底的に分析し、嫌がるところを突いていくタイプ。
勢いに乗るETUに対し、2部リーグから上がってきたばかりの山形との戦いは、監督同士の知恵比べの場となっていく。

神戸戦の椿のシュートは読んでいても叫んでしまうような展開。
そうやってワクワクしながら読めるのは、実際の試合も見ているからなのだろうな、とも思う。

各話の間に挟まれる小さなひとコマの面白さも健在。

ツジトモ: GIANT KILLING(19) (モーニングKC)

ツジトモ: GIANT KILLING(19) (モーニングKC)

|

« ゆうき まさみ: 鉄腕バーディーEVOLUTION 7 | Main | 今 敏: 新装版 海帰線 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/51597136

Listed below are links to weblogs that reference ツジトモ: GIANT KILLING(19):

« ゆうき まさみ: 鉄腕バーディーEVOLUTION 7 | Main | 今 敏: 新装版 海帰線 »