« 西 炯子: ひとりで生きるモン! 4 | Main | 小川 一水: 天冥の標Ⅳ: 機械じかけの子息たち »

July 01, 2011

浦沢 直樹: BILLY BAT(6)

第二次大戦後すぐの日本を舞台に、自分の作品が模倣であることを疑い日本にやってきた日系アメリカ人のマンガ家の話。

だったが、アメリカに戻った主人公は自分の作品がアシスタントの名前でメジャーなものになっていることを知る。
しかし、主人公の描く作品には未来に起きる事実が含まれていることを知る様々な組織に主人公は追われ、作品に描き出したリー・ハーヴェイ・オズワルドと邂逅を果たし、行動を共にするようになる。

巻の後半では舞台をニューヨークに移し、日系人女子学生がメインとなる。

浦沢 直樹: BILLY BAT(6) (モーニングKC)

浦沢 直樹: BILLY BAT(6) (モーニングKC)

|

« 西 炯子: ひとりで生きるモン! 4 | Main | 小川 一水: 天冥の標Ⅳ: 機械じかけの子息たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/52074892

Listed below are links to weblogs that reference 浦沢 直樹: BILLY BAT(6):

« 西 炯子: ひとりで生きるモン! 4 | Main | 小川 一水: 天冥の標Ⅳ: 機械じかけの子息たち »