« COMPLEX 東京ドームLIVE~日本一新~ | Main | 羽海野チカ: 3月のライオン 6 »

August 03, 2011

ツジトモ: GIANT KILLING(20)

国内プロサッカーリーグの元スター選手が監督となって弱小クラブに戻ってくる話。

前巻に引き続き山形戦の模様を描く。
堅守からのカウンターを徹底する山形は、次第にチャンスを作り出しETUにプレッシャーを与えていく。
山形の智将、佐倉は手応えを感じながらETUの攻撃を読み指示を与えていく。
しかし、前半の終盤、守備のラインが前に出ていた隙を突いたDF裏への飛び出しでETUが先制する。

後半、山形はこれまでの戦術から一歩進んで小森を中心とした攻撃的なシステムに変更してくる。
しかし、巽はこれを読み切り、小森を自由にさせないまま、以下次巻。

佐倉監督が競技生活殆どなしに指導者の道へ進むくだりは興味深いが、どこまで現実的なものか気になるところ。
確か高校サッカーにはそうした監督もいたような覚えはあるが。

ツジトモ: GIANT KILLING(20) (モーニングKC)

ツジトモ: GIANT KILLING(20) (モーニングKC)

|

« COMPLEX 東京ドームLIVE~日本一新~ | Main | 羽海野チカ: 3月のライオン 6 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/52305424

Listed below are links to weblogs that reference ツジトモ: GIANT KILLING(20):

« COMPLEX 東京ドームLIVE~日本一新~ | Main | 羽海野チカ: 3月のライオン 6 »