« 戸田 誠二: 東京メイト | Main | 夢路 行: あの山越えて 20 »

August 16, 2012

佐藤 秀峰: 特攻の島 4

人間魚雷・回天と、それに乗る特攻隊員たちを描いた作品。

関口の犠牲により窮地を脱した潜水艦は応急修理を済ませて再び出撃する。
敵基地を前に次々と発進する回天だったが、渡辺だけ故障で発進できない。

有毒ガスに倒れた渡辺を助けるために艦長は敵艦が捜索に集まってくる中、浮上を決意する。

なかなか主人公は死なないのだろうと分かってはいながらも迫ってくる緊迫感はさすが。

佐藤 秀峰: 特攻の島 4 (芳文社コミックス)

佐藤 秀峰: 特攻の島 4 (芳文社コミックス)

|

« 戸田 誠二: 東京メイト | Main | 夢路 行: あの山越えて 20 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/55356226

Listed below are links to weblogs that reference 佐藤 秀峰: 特攻の島 4:

« 戸田 誠二: 東京メイト | Main | 夢路 行: あの山越えて 20 »