« なるしま ゆり: ライトノベル(4) | Main | 佐藤 秀峰: 特攻の島 5 »

October 21, 2012

大武 ユキ: 我らの流儀 -フットボールネーション前夜- 1

県立の進学校サッカー部の話。

成績優秀で東大現役合格を狙いながらサッカーでも全国大会出場を狙い3年生になっても部活動を続けている主人公は、目指すサッカーを同じくプレーを続けている3年生2人と下級生たちとともに作り上げていく。

成績も優秀で幼馴染みの恋人もいるという主人公のキャラクターはサッカーマンガにしては異色。
それだけにドラマ性を出すのが難しいかと思いきや、進学校で部活動を続けていくことの困難さや、頭を使った戦術理解をテーマに持ってくるなど割と読ませる。
舞台が90年代になっており、その頃の作品の復刊のようだが、確かに時期が早かったのかもしれない。

惜しむらくは、戦術をメインにしている割にはプレーを描いたシーンでそれが分かりにくいのが残念。

大武 ユキ: 我らの流儀 -フットボールネーション前夜- 1 (ビッグ コミックス)

大武 ユキ: 我らの流儀 -フットボールネーション前夜- 1 (ビッグ コミックス)

|

« なるしま ゆり: ライトノベル(4) | Main | 佐藤 秀峰: 特攻の島 5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/55924005

Listed below are links to weblogs that reference 大武 ユキ: 我らの流儀 -フットボールネーション前夜- 1:

« なるしま ゆり: ライトノベル(4) | Main | 佐藤 秀峰: 特攻の島 5 »