« アダチ ケイジ: グラゼニ(8) | Main | 星里 もちる: ハルコの晴れの日 (2) »

December 24, 2012

鈴木 大四郎: ナリキン! 1・2

将来の将棋名人と目される天才少年棋士がプロサッカーチームに入ってメンバーを将棋の駒のように操る話。

プロに昇級した天才少年棋士は、同じくプロサッカーチーム福岡のトップチームに昇格する同級生をライバル視し、校内の球技大会で対抗意識をむき出しにし、ピッチを盤面に見立ててプレーする。
一方、東京へ向かう新幹線の中で妙な男に脳内将棋を挑まれ敗れてしまう。その男を街なかで見かけたところ、サッカーチーム福岡の監督だという。
リベンジを申し込む主人公だったが、監督に言い含められ、プロチームの選手を駒のように動かし、選手として参加させられてしまう。

将棋とサッカーの組み合わせは面白いし、うなずけるところもある。
ただ、それにしては運動神経ゼロの主人公をコーチではなくわざわざ選手にしてずっこけさせるところが無駄な気もするが、少年マンガとしては必要なのだろうか。
また、同級生の女子がライバルに夢中なのが気に入らないという展開も少年マンガらしいが、その女子が可愛らしく見えないところも残念。

鈴木 大四郎: ナリキン! 01 (少年チャンピオン・コミックス)

鈴木 大四郎: ナリキン! 01 (少年チャンピオン・コミックス)

鈴木 大四郎: ナリキン! 2 (少年チャンピオン・コミックス)

|

« アダチ ケイジ: グラゼニ(8) | Main | 星里 もちる: ハルコの晴れの日 (2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/56292652

Listed below are links to weblogs that reference 鈴木 大四郎: ナリキン! 1・2:

« アダチ ケイジ: グラゼニ(8) | Main | 星里 もちる: ハルコの晴れの日 (2) »