« December 2012 | Main | February 2013 »

January 12, 2013

劇団☆新感線2012年冬興行 SHINKANSEN☆RX「ZIPANG PUNK~五右衛門ロックⅢ」

秀吉の朝鮮出兵の戦国時代を舞台に大盗賊・石川五右衛門が活躍する活劇。中島かずき作、いのうえひでのり演出。

第一幕は京都の探偵方・明智心九郎(三浦春馬)の謎解きから始まり、石川五右衛門(古田新太)の盗賊仲間のひとり、猫の目お銀(蒼井優)が古寺の空海の秘宝を狙い、五右衛門を出し抜いて、堺の商人・蜂ヶ屋善兵衛(村井国夫)のところに持ち込むが、そこに隠されたさらに大きな謎を巡って宝の争奪戦が始まる。
折しも豊臣秀吉(麿赤兒)は朝鮮出兵の真っ最中で、石田三成(栗根まこと)や前田慶次郎(橋本じゅん)くらいしかおらず、イベリア半島のコルダニア国からの密使、シャルル(浦井健治)、国を追われたアバンギャルド公爵夫人マローネ(高田聖子)なども日本に入り込み、キャストが揃ったところで休憩。

第二幕は敵味方が入り乱れつつ、空海の謎解きがあり、盗賊と探偵の恋物語があり、探偵の正体が明らかになり、堺が秀吉に逆らい独立を叫ぶも、その裏に暗躍する商人たちの陰謀を打ち砕くべく、五右衛門や前田慶次郎が奮戦する。

基本はミュージカルなので最初から最後まで歌が中心。セリフ中心なのはラストシーンくらい。
アクションも多いので、ミュージカルと言うよりは歌謡ショーという印象も。

二階席からはオーケストラピットが見えたが、そこでバンドによる生演奏がされているのが興味深かった。
舞台に合わせて4時間近く演奏し続けるのは大変だろう。

舞台はメインとなる弧を描いた壁が、その表面に木の塀や石塀を映し出す演出により場面転換を分かりやすく見せていた。
ステージ両脇のスクリーンはメインの壁と同様だが、歌の場面では歌詞などを映し出し、初めて観る観客にも親切な印象。

多分にずっと観ているファンには面白いポイントもあるのだろうが、それらが分からなくても面白く見ることはできる。

~2013.1.4 東急シアターオーブにて~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2012 | Main | February 2013 »