« 陽気婢: 脳カレ 2 | Main | 大和田 秀樹: 風評破壊天使ラブキュリ »

February 15, 2013

ツジトモ: GIANT KILLING(26)

国内プロサッカーリーグの元スター選手が監督となって弱小クラブに戻ってくる話。

前巻に続いて千葉戦。相手チームの良さを消す戦術を使ってくる千葉の監督ミルコビッチの策にハマり、ETUは先制を許す。
ハーフタイムで大胆にポジションを変えてきたETUに戸惑っている中、スタンドでは主要メンバーが自粛しているスカルズと昔のサポーターグループが遂に激突。一触即発の中、ゴローが仲裁に入る。

徐々にETUに流れが来て同点に追いついたところで以下次巻。

ツジトモ: GIANT KILLING(26) (モーニング KC)

ツジトモ: GIANT KILLING(26) (モーニング KC)

|

« 陽気婢: 脳カレ 2 | Main | 大和田 秀樹: 風評破壊天使ラブキュリ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/56702031

Listed below are links to weblogs that reference ツジトモ: GIANT KILLING(26):

« 陽気婢: 脳カレ 2 | Main | 大和田 秀樹: 風評破壊天使ラブキュリ »