« 小川一水: 天冥の標 6 宿怨 PART3 | Main | 村上 春樹: 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 »

March 31, 2013

夢枕獏: 宿神 第一巻

平安時代の京都を舞台に、歌と武芸に秀でた佐藤義清が親友の平清盛とともに不思議な体験をする話。

昨年の大河ドラマ「平清盛」を割とちゃんと観ていたので、ある程度の人物名と関係が分かっていたのが幸いした。
ただ、時代はドラマよりやや古く、源渡、遠藤盛遠の逸話なども入っている。
この辺はドロドロしていて面白く、これを大河ドラマにしたほうが良かったのではないかとも思ったが、さすがのNHKでも難しいかもしれない。
あとで知ったのだが、この辺は人形劇でやったことがあるようだ。

なかなか面白く、次巻以降も期待したいが、蹴鞠のシーンだけは技の名前の羅列でどんなにスゴイことか伝わりづらいのが欠点。

夢枕獏: 宿神 第一巻

夢枕獏: 宿神 第一巻

|

« 小川一水: 天冥の標 6 宿怨 PART3 | Main | 村上 春樹: 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/57032986

Listed below are links to weblogs that reference 夢枕獏: 宿神 第一巻:

« 小川一水: 天冥の標 6 宿怨 PART3 | Main | 村上 春樹: 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 »