« April 2013 | Main | June 2013 »

May 31, 2013

浦沢 直樹: BILLY BAT(11)

第二次大戦後すぐの日本を舞台に、自分の作品が模倣であることを疑い日本にやってきた日系アメリカ人のマンガ家の話。

だったが、巻物譚になり、主人公はようやく日本で巻物を手に入れるが、次の目的地スペインを目指そうとしたところで狙撃される。

話が収束しそうになると新たなネタが出てきて散漫になっていく印象。

浦沢 直樹: BILLY BAT(11) (モーニング KC)

浦沢 直樹: BILLY BAT(11) (モーニング KC)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2013

西村 しのぶ: 一緒に遭難したいひと(4)

自由業の女性となごみ系年下公務員カップルの話。

のはずだったが、東京のスタリッシュな生活をしている女性もふくめて、神戸の女性二人も合わせた3人の女性の日々徒然を描いた作品になっている。

3人による台湾茶摘み旅行が前半。
中盤で公務員出てきてオリーブ畑の山を引き継ぐ話や昔話もありつつ。

最近はエプロンをしない話が面白かった。
確かにしないな。

西村 しのぶ: 一緒に遭難したいひと(4) (ワイドKC)

西村 しのぶ: 一緒に遭難したいひと(4) (ワイドKC)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2013

わかつきめぐみ: もっと やにゃかさんぽ

東京・谷中霊園を中心とした町を舞台にそこに住む猫たちを描いた作品。

相変わらずホンワカした雰囲気のなかで猫たちの日常を描いている。

良くも悪くもそれだけ。

わかつきめぐみ: もっと やにゃかさんぽ (花とゆめCOMICSスペシャル)

わかつきめぐみ: もっと やにゃかさんぽ (花とゆめCOMICSスペシャル)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2013

柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 28

プロ棋士への夢を絶たれ、賭け将棋で生きる"真剣師"として生きていこうとする青年の話。

引き続き鬼将会と呼ばれる地下組織の中でのトーナメントの模様が描かれる。
神vsかなしいいろやねんは神の勝利。
鈴木八段vs谷生♡明太は鈴木八段の圧勝。
中静そよvs谷生卑弥呼は終盤の勝ち負けが決まる局面へ。

地下の破壊工作に進捗はなく、トーナメントのペースが上がってきている印象。

柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 28 (ヤングジャンプコミックス)

柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 28 (ヤングジャンプコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2013

曽田 正人: capeta(31)

4輪レーサーを目指す少年の話。

いよいよF3の世界チャンピオンを決めるマカオグランプリの決勝レースがスタート。
3番手スタートの源は狙った第一コーナーでの突っ込みを許されず、5番手スタートのカペタは後方から様子を伺う。
それぞれペースの上がらない前車にフタをされ前との差を広げられる格好になるが、カペタは隙を見て4番手に上がり、同じタイミングで源はユーロで培ったブレーキングテクニックで前車をクラッシュに追い込み2番手に上がると共にセーフティカーの導入によりトップとの差を詰める。
セーフティカー後の最初のコーナーで両者はトップに襲いかかり、ワンツーのポジションを確保する。
トップに立った源と追うカペタの一騎打ちとなるが、オーバーテイクの際に車にダメージを負ったはずの源はファステストラップを重ね、カペタとの差を広げていく。

女っ気がまったくなく、レースのみに集中しているのが良い。
次が最終巻。

曽田 正人: capeta(31) (KCデラックス)

曽田 正人: capeta(31) (KCデラックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2013

樹生 ナト: とでんか (6)

大塚英志原作、樹生ナト画による、都市伝説を扱う東京都の都市伝説課、略称”とでんか”を舞台にしたコミックの第6弾。

この巻ではミツバチ失踪事件、ブラック・アイ・キッズなどが登場し、大阪に舞台を移して大阪府知事と東京都知事の組み合わせによる危険な条例の計画などが絡んできて以下次巻。

妙なネタがわんさかと盛り込まれていて、ちょっと分かりにくくなり始めている。

樹生 ナト: とでんか (6) (単行本コミックス)

樹生 ナト: とでんか (6) (単行本コミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2013

星里 もちる: 星里もちる短編集 あっちもこっちも

90年代からの読み切りや短期連載をまとめた短篇集。

どれも持ち味のハートウォーミングな印象の作品。
子育てモノもリアルな感じが良い。

星里 もちる: 星里もちる短編集 あっちもこっちも (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

星里 もちる: 星里もちる短編集 あっちもこっちも (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2013

新井英樹: SCATTER あなたがここにいてほしい 4巻

謎のレイプ事件とシングルマザーのマンガ編集者、女性を忌避するニート男性の集団に所属する青年などの話。

伝説のAV男優の豆腐屋のもとに家出して弟子入りした主人公は、見知らぬ老女を愛せと言われ老女のもとに通う。
老女の子どもが率いているという謎の権力を持った団体とも引き合わされるが、目的も依頼も理解できない主人公は何も出来ずに日常を過ごし続ける。

ようやく様々な事件やキーがつながり始めた印象。

新井英樹: SCATTER あなたがここにいてほしい 4巻 (ビームコミックス)

新井英樹: SCATTER あなたがここにいてほしい 4巻 (ビームコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2013

外薗 昌也: 脳男

爆弾魔のアジトで見つかった感情のない謎の男の話。首藤瓜於原作作品のコミカライズ。

爆弾魔のアジトに突入した警官隊の前に現れた謎の男は名前も不明で質問にも一切答えない。
精神鑑定を任された女性医師はその正体を探っていく中で、復讐の道具として育てられた男に感情の芽ばえを感じる。

サイコサスペンスアクションと言えばよくあるタイプと感じられる作品。
映画化に合わせてコミカライズされたようだが、映画はどの程度受けたのだろう。

外薗 昌也: 脳男 (KCデラックス)

外薗 昌也: 脳男 (KCデラックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2013 | Main | June 2013 »