« ツジトモ: GIANT KILLING(27) | Main | 西村 しのぶ: 砂とアイリス 1 »

June 05, 2013

安彦 良和: 天の血脈(2)

20世紀初頭の満州を舞台に、歴史学の研究者に帯同した学生の話。

4世紀の九州のエピソードから始まり、主人公の学生の夢とも分からないヤマトの姿が描かれる。

舞台は戻ってロシア兵が多く入り込んでいる奉天で、主人公は謎の女性ハナの手引きで窮を脱するが、日本へ帰る列車の時間が迫る中、ハナは行方をくらます。

スパイものという風情になってきたが、古代日本とのつながりがビミョー

 

安彦 良和: 天の血脈(2) (アフタヌーンKC)

安彦 良和: 天の血脈(2) (アフタヌーンKC)

|

« ツジトモ: GIANT KILLING(27) | Main | 西村 しのぶ: 砂とアイリス 1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/57516973

Listed below are links to weblogs that reference 安彦 良和: 天の血脈(2):

« ツジトモ: GIANT KILLING(27) | Main | 西村 しのぶ: 砂とアイリス 1 »