« 西 炯子: 男の世界―西炯子画集 | Main | 安彦 良和: 天の血脈(2) »

June 04, 2013

ツジトモ: GIANT KILLING(27)

国内プロサッカーリーグの元スター選手が監督となって弱小クラブに戻ってくる話。

前巻に引き続き千葉戦の模様が描かれる。

逆転勝利に終わった試合の後は、フロント、フロントと対立して活動自粛中のサポーターチーム、スカルズの姿が描かれる。

そんな中、U-22日本代表が発表され、ETUからは赤崎と椿が選ばれる。
プレッシャーに押しつぶされそうになる椿だったが、恩師からの電話で復活、続く広島戦で完勝する。

すべてが上手く回り始めたETUだったが、そこへ達海の代理人が現れる。

赤崎と椿のメンタルの対比が面白く、けれど感動的に描かれている。

ツジトモ: GIANT KILLING(27) (モーニング KC)

ツジトモ: GIANT KILLING(27) (モーニング KC)

|

« 西 炯子: 男の世界―西炯子画集 | Main | 安彦 良和: 天の血脈(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/57516907

Listed below are links to weblogs that reference ツジトモ: GIANT KILLING(27):

« 西 炯子: 男の世界―西炯子画集 | Main | 安彦 良和: 天の血脈(2) »