« June 2013 | Main | November 2013 »

October 31, 2013

舟を編む

総合出版社の辞書部に配属された若手社員が十数年を掛けて辞書を作る話。石井裕也監督作品。原作は未読。

1995年、人とのコミュニケーションが苦手で営業部ではうだつが上がらない馬締(松田龍平)は、定年を前にした辞書部編集者、荒木(小林薫)にスカウトされ、新しい国語辞典「大渡海」の編集を監修の松本(加藤剛)の下で調子の良い若手編集者、西岡(オダギリジョー)、ベテラン女性契約社員、佐々木(伊佐山ひろ子)と共に任される。
言語学を専攻していた馬締は地味で根気のいる言葉を拾っていく作業を淡々とこなし、辞書づくりに魅せられていく。また下宿先の大家タケ(渡辺美佐子)の孫娘、香具矢(宮崎あおい)との奥手で不器用な恋を通して、徐々に周りと心を通わせていく。
会社の経営上の観点から制作中止の危機もありながら、10年を経て辞書は完成に近づいていく。

テレビCMではもっと恋愛模様が長く描かれるのかと思ったが、割とあっさりした感じが良かった。その分、本筋である辞書編纂作業が丁寧に描かれてはいるのだが、端折っている部分があることは否めず、きちんと大変さや面白さが伝わっているかどうかはちょっと分からない。

気になったのは95年当時を描いたシーンで西岡が「ヤバい」に肯定的な意味合いがあることを話していたが、当時はまだそうした使い方は多くなかったのではないか。
同様に辞書部でブラウン管のパソコンで10万語以上の見出し語を整理するシーンがあるが、当時のパソコンの能力でそれだけのことができるか、また辞書で使うような漢字を処理できただろうか。

役者では95年当時の西岡の恋人、三好(池脇千鶴)がはまり役。
宮崎あおいが若い時を描いたシーンの方が年取った印象を受けるのが今ひとつ。

個人的には加藤剛の役回りが感慨深かったが、観客には何者かきちんと伝わっているのか気になった。年齢設定も今ひとつ分かりにくいかも。

最後にもう1995年が20年近く昔と描かれるんだな、というのが最も悲しい気持ちになった。

~10月25日・ギンレイホールにて~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | November 2013 »