« 水口 尚樹: 明日にはあがります。 | Main | 内藤 泰弘: 血界戦線 7 ─マクロの決死圏─ »

November 17, 2013

森 恒二: デストロイアンドレボリューション 4

閉塞感に苛まれた少年たちが社会に対して超常能力を使ったテロを仕掛けていく話。

超常能力の使い方によって袂を分かった主人公とその仲間だが、さらにエスカレートする力を押さえきれず、仲間同士の争いへと発展していく。
そうした中で、アメリカ政府も加わり、超常能力の戦いはエスカレートしていく。

エスカレートしていく様があまり性急でないところが面白い。

森 恒二: デストロイアンドレボリューション 4 (ヤングジャンプコミックス)

森 恒二: デストロイアンドレボリューション 4 (ヤングジャンプコミックス)

|

« 水口 尚樹: 明日にはあがります。 | Main | 内藤 泰弘: 血界戦線 7 ─マクロの決死圏─ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/58555831

Listed below are links to weblogs that reference 森 恒二: デストロイアンドレボリューション 4:

« 水口 尚樹: 明日にはあがります。 | Main | 内藤 泰弘: 血界戦線 7 ─マクロの決死圏─ »