« October 2013 | Main | December 2013 »

November 28, 2013

奥瀬 サキ: 火閻魔人 ~鬼払い~ 2巻

人体発火現象を操る鬼払いの話。

期待に違わなかった1巻に比べると、早くもよく分からなくなっているのが前半。
どことどこが対峙していて何をどうしているのか分かりづらい。

後半の座敷童を扱った方はまだ分かりやすいがオチが今ひとつ。

奥瀬 サキ: 火閻魔人 ~鬼払い~ 2巻 (ガムコミックスプラス)

奥瀬 サキ: 火閻魔人 ~鬼払い~ 2巻 (ガムコミックスプラス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2013

田島 昭宇: 多重人格探偵サイコ (19)

猟奇殺人と多重人格、プロファイルなどをテーマにしたサスペンス。大塚英志原作、田島昭宇画の19巻。

都内に戻った西園弖虎は放送局で重役に扮し、放送電波を使ったルーシー・ヘブンにより、視聴者に警察を狙った暴動を起こさせる。
笹山と犬彦は暴動の隙を突いて都内に戻り、水族館を目指す。
西園弖虎は伊園若女のスペアである伊園美和が眠る病院に突撃する。

アクションシーンも多く、面白いが話は相変わらず数時間分しか進まない。

田島 昭宇: 多重人格探偵サイコ (19) (カドカワコミックス・エース)

田島 昭宇: 多重人格探偵サイコ (19) (カドカワコミックス・エース)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2013

高屋 良樹: 強殖装甲ガイバー (30)

悪の組織クロノスと戦う少年の話。第30弾。

この巻では戦いは描かれず、戦いの中で生まれた様々な謎を敵も味方も解き明かそうとする。
その意味では錯綜する戦いの図式を整理する巻。

瀬川兄妹はアポルオンに島に連れてこられ、大きな謎に遭遇する。
ここは描くのが楽しそうなことが伝わってくる。

高屋 良樹: 強殖装甲ガイバー (30) (カドカワコミックス・エース)

高屋 良樹: 強殖装甲ガイバー (30) (カドカワコミックス・エース)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2013

夢枕 獏: 大帝の剣 (1)

夢枕獏のアクション時代劇小説をコミカライズした作品。横山仁作画。

この作品のコミカライズといえば、どうしても渡海の作画版と比較してしまうが、こちらはオーソドックスな日本のマンガの描き方といえ、人によってはこちらの方が好みかもしれない。
ただアクションやSF描写の部分に物足りなさもある。

原作が完結しているだけに端折っている印象も今ひとつ。

夢枕 獏: 大帝の剣 (1) (バーズコミックス)

夢枕 獏: 大帝の剣 (1) (バーズコミックス)

| | TrackBack (0)

November 24, 2013

清水玲子: 秘密 season 0 1

近未来の日本を舞台に両親の謎を探る美青年の話。

天才と目される美青年・薪剛は入学した東京大学で脳の研究に励む一方で、親を亡くした際の記憶の中にある紋章の正体を突き止めようとする。
同級生の鈴木に近づき、記憶に残る紋章を掲げるプレミアムという政財界に深く関わる結社の正体を探ろうとする。

死体の脳から映像を読み出すことで捜査を行う警察組織を描いた「秘密」という作品のスピンオフ。読者には知られたメインキャラクターの若い時期を描いている。
とはいえ、元の作品を知らずとも成立はしているであろうと思われる。

清水玲子: 秘密 season 0 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)

清水玲子: 秘密 season 0 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2013

星里 もちる: ちゃんと描いてますからっ! 4

ネームまでは天才的なマンガ家の父親の代わりにマンガを描いている女子中学生の話。最終巻。

先輩の小説を原作にマンガを書くという合作が楽しく、雑誌に投稿したら評価されたものの、次の作品で先輩とは意見がすれ違ってしまう。
お互いの作品を尊重することで仲直りはするものの、受験を前に好きになったマンガを書くことも辞められず、体調を崩してしまうさなか、父親の再婚話も持ち上がる。

作品作りや書くことが楽しくなる時期、つらくなる時期などが程よく詰め込まれていて、この巻だけでも充実した印象。

星里 もちる: ちゃんと描いてますからっ! 4 (リュウコミックス)

星里 もちる: ちゃんと描いてますからっ! 4 (リュウコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2013

星野 之宣: 未来からのホットライン

タウ波という時間を逆行するエネルギーが巻き起こす世界を滅亡させる程の災厄を描いた作品。J.P.ホーガン原作。

タウ波を発見したノーベル賞学者ロス博士は、学会を追放され、教え子二人と共に自らの説を証明するために過去への通信機を開発する。
しかし、その通信機が近くの核融合実験炉に影響を及ぼし、マイクロブラックホールを生み出してしまう。
蒸発することなく大きくなっていくブラックホールによって地球は浸食され消滅へと向かっていく。

タイムパラドックスがどうなっているのか微妙な気もするけれど、良くできているハードSF。

星野 之宣: 未来からのホットライン (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

星野 之宣: 未来からのホットライン (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2013

大西 実生子: 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 壱

唐の国に渡った頃の若き日の空海の活躍を描いた作品。夢枕獏原作。

遣唐使船で唐に渡った橘逸勢は、船で出会った空海という名の僧と行動を共にするようになり、長安の街で起こる怪しげな事件に巻き込まれていく。

道士や妖術などが飛び交うファンタジー要素の強いものになっているが、密教というものを学ぶという空海の使命がうまくはまっており、それほど違和感はない。

絵柄はきれいで見やすく、それだけにおどろおどろしい描写はきついが、次巻以降も期待させるものになっている。

大西 実生子: 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 壱 (単行本コミックス)

大西 実生子: 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 壱 (単行本コミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2013

柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 29

プロ棋士への夢を絶たれ、賭け将棋で生きる"真剣師"として生きていこうとする青年の話。

引き続き鬼将会と呼ばれる地下組織の中でのトーナメントの模様が描かれる。

中静そよvs谷生卑弥呼は中静そよの勝ち。
菅田健太郎vs鈴木八段は五分五分のまま次巻へ。

多くは地下の破壊工作の戦いが描かれている。

柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 29 (ヤングジャンプコミックス)

柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 29 (ヤングジャンプコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2013

おかざき 真里: & 6

古民家を借りて夜間はネイルサロンを開く病院事務の20代独身女性の話。

医師と付き合うようになって充実した日々を送る主人公。
そこに思わせぶりな客がやってきて、医師との関係をほのめかす。

本筋以外にネイルサロンの家主を好きな女性や、同僚の年上女性の目線のエピソードも。

おかざき 真里: & 6 (Feelコミックス)

おかざき 真里: & 6 (Feelコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2013

内藤 泰弘: 血界戦線 7 ─マクロの決死圏─

かつてニューヨークと呼ばれ、現世と異界の入り交じる街、ヘルサレムズ・ロットを舞台に、超人秘密結社「ライブラ」の活躍を描いた作品。

タイトル作品はどんどん肉体が大きくなる病原菌が巻き起こす騒動。
視点が小さい方にいくのは典型的なSFだが、これを逆にしただけと言えばそれまでだが、面白い作品になっている。

もうひとつは閑話休題的な作品。
こちらは「時計巻き戻しモノ」。ドラマとかではこれで訳が分からなくなる人もいるようだけれど。

内藤 泰弘: 血界戦線 7 ─マクロの決死圏─ (ジャンプコミックス)

内藤 泰弘: 血界戦線 7 ─マクロの決死圏─ (ジャンプコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2013

森 恒二: デストロイアンドレボリューション 4

閉塞感に苛まれた少年たちが社会に対して超常能力を使ったテロを仕掛けていく話。

超常能力の使い方によって袂を分かった主人公とその仲間だが、さらにエスカレートする力を押さえきれず、仲間同士の争いへと発展していく。
そうした中で、アメリカ政府も加わり、超常能力の戦いはエスカレートしていく。

エスカレートしていく様があまり性急でないところが面白い。

森 恒二: デストロイアンドレボリューション 4 (ヤングジャンプコミックス)

森 恒二: デストロイアンドレボリューション 4 (ヤングジャンプコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2013

水口 尚樹: 明日にはあがります。

新人漫画家の日常を描いた作品。

1話ごとは16ページごとの短編になっており、ショートコントが集められているような構成。

1巻は独特な編集者シリーズというようなものだが、2巻はもっぱら主人公の自意識過剰な言動や行動がフィーチャーされている。

面白いけど続けて読むのはビミョー

水口 尚樹: 明日にはあがります。 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

水口 尚樹: 明日にはあがります。 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

水口 尚樹: 明日にはあがります。 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

水口 尚樹: 明日にはあがります。 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2013

能田 達規: サッカーの憂鬱~裏方イレブン 2

サッカーに関わる人たちを描いた短篇集の第2弾。

1話ごとにそれぞれの立場でプロサッカーに携わる人たちの視点で、それぞれの立場からの苦労ややりがいが描かれる。

この巻で描かれているのは「代表料理人」「代理人」「ライター」「クラブ営業マン」「サポーター」「フィジカルコーチ」「なでしこ」「第3ゴールキーパー」

どれも良くできていて知っているようで知らなかった情報や実態がうまく描かれている。最も身近な「サポーター」がお気に入り。

能田 達規: サッカーの憂鬱~裏方イレブン 2 (マンサンコミックス)

能田 達規: サッカーの憂鬱~裏方イレブン 2 (マンサンコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2013

河合 克敏: とめはねっ!鈴里高校書道部 11

高校書道部の部活動風景を描いた作品。

大会での好成績の発表を受けて、やる気になる面々だが、ヒロインは柔道部との二足のわらじ状態が難しくなり、主人公も彼女への思いに悩む。

後半はみんなで楽しく高野山旅行。

河合 克敏: とめはねっ!鈴里高校書道部 11 (ヤングサンデーコミックス)

河合 克敏: とめはねっ!鈴里高校書道部 11 (ヤングサンデーコミックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2013

桑田 乃梨子: 放課後よりみち委員会 (3)

校内を歩いていると別世界に迷い込んでしまうという高校生たちの話。

新しい部員が加入するだけで大して進展はなし。

桑田 乃梨子: 放課後よりみち委員会 (3) (バーズコミックス デラックス)

桑田 乃梨子: 放課後よりみち委員会 (3) (バーズコミックス デラックス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2013

夢路 行: あの山越えて 22

実家近くで農業をしたいという夫に付き合い田舎暮らしを始めた女性教師の話の第22弾。

この巻では前半が中高年の生き方について、後半は出産と子育てについて描かれている。

夢路 行: あの山越えて 22 (秋田レディースコミックスセレクション)

夢路 行: あの山越えて 22 (秋田レディースコミックスセレクション)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2013

NODA・MAP第18回公演「MIWA」

女と両性具有という2つの心を持って生まれてきた美少年が戦前戦中戦後と生き抜いていく話。作・演出野田秀樹。

戦前の長崎に生まれた少年、MIWA(宮沢りえ)は女性の心を持ち、さらに両性具有の安藤牛乳(古田新太)という心をその体の中に抱えながら育っていく。マリア(井上真央)と呼ばれる何人もの母親、繋一郎(瑛太)との恋を通して育っていくMIWAは原爆投下を体験し、東京へ出て酒場で歌を歌いながら、作家オスカワ・アイドル(野田秀樹)との出会いや人気俳優としての繋一郎との恋を経て歌に生きていく。

言わずと知れた美輪明宏をモチーフにした作品であって、野田秀樹作品が誰かしらモチーフとする人物を設定するのがお決まりとしても、まだ存命中でドラマティックな人物なだけにそのキャラクターに引っ張られた印象。
時代設定や人物設定を大きく変えることはせず、よく知られたエピソードを少しずつ改変しながら積み重ねていく形になっている。
ドラマティックな人物だけにテーマとなる要素は多く盛り込まれているが、結局は原爆投下に収斂されるのは致し方ないのかもしれないけれど、ちょっと残念な気もした。

2つの心を周りから見えない守護霊のような形で表現する手法はうまくできていたと思う。
美少年役である宮沢りえは確かに手足が細長くて適役だとは思えたが、一方で女性らしい体つきも隠せないので他に誰かやらせてみたい女優はいないものかと考えてしまったりもする。といっても深津絵里くらいしか思い浮かばないのだが。

~2013.10.29 東京芸術劇場プレイハウスにて~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2013 | Main | December 2013 »