« 柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 29 | Main | 星野 之宣: 未来からのホットライン »

November 21, 2013

大西 実生子: 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 壱

唐の国に渡った頃の若き日の空海の活躍を描いた作品。夢枕獏原作。

遣唐使船で唐に渡った橘逸勢は、船で出会った空海という名の僧と行動を共にするようになり、長安の街で起こる怪しげな事件に巻き込まれていく。

道士や妖術などが飛び交うファンタジー要素の強いものになっているが、密教というものを学ぶという空海の使命がうまくはまっており、それほど違和感はない。

絵柄はきれいで見やすく、それだけにおどろおどろしい描写はきついが、次巻以降も期待させるものになっている。

大西 実生子: 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 壱 (単行本コミックス)

大西 実生子: 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 壱 (単行本コミックス)

|

« 柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 29 | Main | 星野 之宣: 未来からのホットライン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/58557847

Listed below are links to weblogs that reference 大西 実生子: 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 壱:

« 柴田 ヨクサル: ハチワンダイバー 29 | Main | 星野 之宣: 未来からのホットライン »