« 夢路 行: 海辺の季節 | Main | 陽気婢: 脳カレ 3 »

December 15, 2013

ツジトモ: GIANT KILLING(29)

国内プロサッカーリーグの元スター選手が監督となって弱小クラブに戻ってくる話。

前巻に引き続き五輪代表の予選の模様から。椿は窪田とのコンビで五輪代表の中心選手となっていく。

その頃、日本で開催されていたカップ戦でETUは鹿島に大敗。
その悪い流れを断ち切れるかどうかでチーム内は悩んでいた。

後半は浦和戦。早いプレスにパスを回せず、先制を許す展開に達海は傍観を決め込む。
このチームの雰囲気は何なのか、どうすれば改善できるのか。

何とか立ち直そうとするがバラバラになっていくピッチ上に、達海は交代カードを切ってくる。

ツジトモ: GIANT KILLING(29) (モーニングKC)

ツジトモ: GIANT KILLING(29) (モーニングKC)

|

« 夢路 行: 海辺の季節 | Main | 陽気婢: 脳カレ 3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19147/58738142

Listed below are links to weblogs that reference ツジトモ: GIANT KILLING(29):

« 夢路 行: 海辺の季節 | Main | 陽気婢: 脳カレ 3 »