January 29, 2012

大野真澄 僕の音楽グラフィティ

元GAROの大野真澄がデビュー40年を迎えて自身の音楽のルーツを辿っていく構成。

自作曲から始まり、やがて洋楽のスタンダードや好きな楽曲をその当時のエピソードも交えた軽妙な語りと共に歌いあげていく。

洋楽はあまり積極的に聞いて来なかったのだが、意外に分かる曲が多かったのは楽しかった。
多分に「今夜は最高」の影響が大きいように思う。

バックのギターが鈴木茂だったのもお得な感じがした。

~1月27日・STB139にて~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2011

COMPLEX 東京ドームLIVE~日本一新~

吉川晃司と布袋寅泰のユニット、COMPLEXが東日本大震災復興支援のために復活したチャリティーライブ。

正直、COMPLEXが活躍していた1980年代終盤はさほど聞いていたわけではなく、思い入れがあったわけではなかったが、曲はまぁ耳に入ってきていた程度。
それでもその後の両名の活躍は知っているし、良い年齢になった二人のパフォーマンスには興味を惹かれた。

吉川晃司は年齢こそ隠せないもののきちんと絵になる格好良さを保っているし、布袋寅泰のギターは聴き応え充分だった。
知らない曲もあったけれど、ちゃんと乗れるのは80年代の曲だからだろうか。
その頃のリズムやメロディライン、曲の構成は何か通じるものがあるような気がした。

席はアリーナだったが、肉眼ではステージの上は殆ど見えず、スクリーンを観るほうが多かった。
ステージはもう少し高くても良かった気がする。

~7月31日・東京ドームにて~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2011

ピーターコンサート 2011 愛されて

ピーターのコンサートツアー。

デビュー曲含めた持ち歌から共演した歌手たちの曲、定番の越路吹雪メドレーと並ぶ。

間に長めの休憩もはさみ、多分に高齢化している観客に優しい構成になっている。

バックダンサーが男女2人ずつの構成になったのが前回との違い。

生バンドの演奏も慣れたもので、音響も良かった。

~4月13日・中野 中野サンプラザにて~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2010

なごみーず150回記念コンサート アコースティックナイト in Tokyo

元かぐや姫の伊勢正三、元ガロの大野真澄、そして太田裕美の3人によるユニット、なごみーずによるライブ150回目を記念したコンサート。

初見だが、聞いたことのある曲も多く、違和感なく楽しめた。
太田裕美は年を重ねたことを感じさせない歌声を聞かせ、大野真澄はMCのしゃがれ声からは想像できないような声量のあるパワフルな歌声を聞かせた。
一方で、伊勢正三はMCより歌のほうが声量がなく、高音もほとんど出ないため、ささやくような歌はともかく、盛り上がり系は厳しかった。

改めて昔の曲は歌詞の世界がよく伝わってくると感じた。また、「なごり雪」「学生街の喫茶店」「22才の別れ」など別れの歌が多いことも。
最近作った曲も披露したが、やはり幸せとか恋愛とか人生とか難しく考えてしまうのか、抽象的な印象。

太田裕美の披露した「さらばシベリア鉄道」「九月の雨」「木綿のハンカチーフ」を通して、松本隆の才能を再認識した。

~5月15日・東京国際フォーラムにて~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2009

ピーター アニバーサリー・コンサート

ピーターのデビュー40周年記念公演。

デビュー曲からしばらくの1970年代の持ち歌から始まり、昭和の歌のメドレー。
合間にダンスも織り交ぜ、休憩を挟んでからは久し振りにレコーディングしたという女性歌手のカバーCDから何曲か。
そして越路吹雪の曲も。

憎まれ口のMCも織り交ぜ、休憩含めて2時間半の公演。
昭和の曲はいずれも尺が短く、短い時間でたくさん聞けるのはお得な気分。

~8月28日・中野 中野サンプラザにて~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2007

ZABADAK BIRTHDAY LIVE

ZABADAKの渋谷でのライブに数年ぶりに行く。

このところ会場が川崎というケースが多く、観に行っていなかった。

気が付けば、CDも気付けば購入はしていたものの、聴き込むと言うほどには聴いておらず、自分の音楽に対する接触度が減少していることを感じずにはいられない。

そんなわけで前半の新しめのところは聴くことに集中する感じ。
中盤の小編成になってから、古い曲も混じりだして、ラストは定番の2曲。
そしてアンコールも。

2回目のアンコールは弾き語りでの「小さな宇宙」。

久々に音を浴びたという感覚を堪能した。
欲を言えば、もう少しアコースティックなナンバーも欲しかったかも。

~12月6日・渋谷 O-WESTにて~

| | Comments (0) | TrackBack (0)